売りたい家具

気になる査定額

訪問買い取り業者に依頼すると、売れてしまえば多少の収入になります。
しかし、売れなかった場合でも、訪問料や引き取り手数料がかかる場合があります。
業者を決める際の参考になりますので、何か所かの業者に連絡をして、確認してから依頼すると良いでしょう。

リサイクル業者はたくさんありますが、得意とする取り扱い物品は違っています。
家具であれば、家具の売買を中心にしている業者が良いですね。
運搬用の車にも困りません。

アクセサリーや古着の取り扱いを必要とする業者には、家具を売ることはできませんね。
業者にとりに来てもらうなら、連絡の段階で、何を売りたいのか、家具であればサイズなども伝えることが必要でしょう。

リサイクルショップの近くを通るような機会があれば、どんな物が売られているのか、見てみるのも良いと思います。




リサイクルを考える

業者に依頼する方法だと、何かと面倒だったり、損した感じがしたり、気になることがあると思います。

しかし、「金額よりも、この家具を大事に使ってくれる人がいればいい」という思いがあれば、区・市町村にあるリサイクルセンターのような部署に連絡をして、「廃棄ではなくリサイクル」と伝えれば、自己負担がなく、持って行ってくれる場合があります。

あるいは、お住まいの地域にある福祉作業所などに声をかけてみるのも考えてみてください。
必要としているものであれば、喜んで受け取りに来てくれます。
車をお持ちの方であれば、もし家具が車に載るようなら自分で持って行ってもかまいません。
どの場合も、あらかじめ連絡し、日時を約束しておいた方が良いと思います。